四大陸フィギュア


よろしかったら応援↓お願い致します。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

女子のフリーが昨日終わりノーミスを目指しての演技をしようと選手達も緊張していたことでしょう。
2月9日のショートプログラムのような演技ができれば問題なく日本人の表彰台独占になるでしょうが見ている私も緊張して来ました。

しかし日本の女性は強かったと言うか国を背負って世界で活躍しているスポーツ選手は我々の感じるプレッシャーとは全く違う気持ちで試合に臨んでいるのでしょう。
日本勢のトップで演技をした村上佳菜子選手は日本人トップの役目を果たし暫定1位のまま浅田選手と鈴木選手の演技を待つことになり浅田真央選手はトータル205.45の高得点でトップになり残る鈴木明子選手の演技で全てが決まることになったのです。

最終滑走のプレッシャーも想像できませんが、しっかりと演技をこなした鈴木選手は村上選手を抜いて2位に入り見事に日本人のワン・ツー・スリーで表彰台を独占したのです。

世界のトップ選手が頂点・表彰台を目指して練習に励んでいるのでしょうが日本人が3人表彰台に乗っているのは誇らしいことです。

今回の四大陸フィギュアで多くの感動を貰って本当によかったと思いました。
来年のソチ五輪では今まで以上に注目されると思うのですが後1年悔いの残らない練習をして思い切った演技を目指してもらいたいものです。


よろしかったら応援↓お願い致します。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ