コピ・ルアクはシベットコーヒー1杯8,400円


よろしかったら応援↓お願い致します。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

コピ・ルアクとは何でしょうか。

どうやら、1杯8,400円とテレビで紹介されたこともある、最高級コーヒーのことらしいのです。


コピ・ルアクはインドネシア語で Kopi Luwakと書きます。

「コピ」とはインドネシア語でコーヒー。「ルアク」はジャコウネコのことです。

日本では前の記事で紹介したコーヒーのように、シベットコーヒーとも呼ばれます。
他には、発音の違いでしょうが、コピー・ルアーク、コピ・ルアック、ルアック・コーヒー、イタチコーヒーとも呼ばれているようで、ストレートにジャコウネココーヒー、と呼んでいる人もいるようです。


この最高級コーヒー、究極のコーヒーと言っても良い美味しさだそうです。

このコーヒーは、ジャコウネコ(シベット)の
フンから作られているのです!!

ジャコウネコ科のシベット­が食べて、消化せずに排泄したコーヒー豆を使っています。
シベットはコーヒー豆を食べるのですが、未消化の豆が結構残っています。

その中から豆を拾って、よく洗ってコーヒーにするのです。

フィリピンの­人びとは昔からこのコーヒーを飲んでいたそうですが、お金になるという考えではなく、美味しいから、自分達で飲む為に拾ってコーヒーにしていたそうです。

そんなコピ・ルアク=シベットコーヒは、今では大変な値段になってしまいました。

希少なことは昔から間違いないわけで、有名になってしまって世界各国のコーヒー通が一度は飲んでみたい、飲んでみようと購入しだすと、高騰は当然ですよね。

動画を見つけました。


動物のフンから生まれる究極のコーヒーとは? 



 

苦みもあるのに後味に甘みが続いて、何しろとにかく余韻が凄い。

とのこと。

この味なら自信を持って売れると、コーヒー専門店の店員さんも納得の味だそうです。

テレビでも紹介されていて、小木逸平アナが「世界でもっとも高級なコーヒーです」と取り出して、インドネシアの「コピ・ルアック」というのだそうで、「知ってました?」と番組で出演者の方々に紹介していました。

出演者の鳥越俊太郎さん、森永卓郎さん、落合恵子さんは全員知らなかったようです。

鳥越俊太郎(ジャーナリスト)「初めて聞いた」

小木「200グラムでいくらだと思います?」

森永卓郎(経済アナリスト)「3000円」

落合恵子(作家)「1万円」

答えは「8400円」。
ブルーマウンテンの約4倍ですよね!

EXILEのTETSUYAさんも「ジャコウネコのうんちコーヒーの魅力」をラジオか何かで解説していました。

死ぬまでに1度飲んでみたい、など、口コミでも話題になっているみたいです。

 






よろしかったら応援↓お願い致します。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ